アートを学ぶ・体験する

イベント一覧

2019/02/24
日曜日

2019/03/02
土曜日

2019/03/03
日曜日

2019/03/09
土曜日

画像:

美術講座 北井一夫×村上仁一「これからの写真家」

1960~70年代のカメラ雑誌を媒体に、写真が情報として流通した時代から、オリジナルプリントが美術品として売買される現代までの写真を取り巻く状況の変化について、自らも写真家として活動する、村上仁一氏を交え考察する。後半は受講者の作品講評を行いつつ、これからの写真家像を模索する。

時間:
10:00~15:00
場所:
静岡県立美術館 実技室
  • 受付中
  • 高校生
  • 一般
画像:

美術講座 「北井一夫と考える 2020年代のアーティスト像」

北井一夫さんを講師に招き、表現者として生き抜く術について考える2日間の連続講座。 1960年代から現在まで、写真家として第一線で活動してきた北井一夫さん。近年は欧米での再評価も進み、戦後を代表する日本の写真家として確かな地位を築いています。北井さんは1960年代より、写真集『抵抗』を自費出版し、70年代には仲間とともに「のら社」を設立、自他の写真集を刊行するなど、プロデューサー的な視点を絶やすことなく、自らのキャリアを切り開いてきました。この講座では、カメラ雑誌の編集者やギャラリストをゲストに交え、表現者としてこれからの時代をいかに生き抜くか、その術について話し合います。 そもそも現代における写真の評価ってどうなってるの?自分の表現を世に問いたいのだが、どこに打って出ればいいのか…。など、表現者を志す人、写真、現代アート全般に関心のある人、ふるってご参加ください。

時間:
10:00~15:00
場所:
静岡県立美術館 実技室
  • 受付中
  • 高校生
  • 一般
画像:

美術講座 館長美術講座「1968年と明治100年−政治と歴史と文化」

当館館長による美術講座を行います。

時間:
14:00~15:30
場所:
静岡県立美術館 講座室
  • 予約不要
  • 幼児
  • 小学生
  • 中学生
  • 高校生
  • 一般

2019/03/10
日曜日

画像:

美術講座 「北井一夫と考える 2020年代のアーティスト像」

北井一夫さんを講師に招き、表現者として生き抜く術について考える2日間の連続講座。 1960年代から現在まで、写真家として第一線で活動してきた北井一夫さん。近年は欧米での再評価も進み、戦後を代表する日本の写真家として確かな地位を築いています。北井さんは1960年代より、写真集『抵抗』を自費出版し、70年代には仲間とともに「のら社」を設立、自他の写真集を刊行するなど、プロデューサー的な視点を絶やすことなく、自らのキャリアを切り開いてきました。この講座では、カメラ雑誌の編集者やギャラリストをゲストに交え、表現者としてこれからの時代をいかに生き抜くか、その術について話し合います。 そもそも現代における写真の評価ってどうなってるの?自分の表現を世に問いたいのだが、どこに打って出ればいいのか…。など、表現者を志す人、写真、現代アート全般に関心のある人、ふるってご参加ください。

時間:
10:00~15:00
場所:
静岡県立美術館 実技室
  • 受付中
  • 高校生
  • 一般
画像:

美術講座 北井一夫×千葉由美子「アートマーケットとの付き合い方」

ギャラリーの運営、アーティストのプロモーションはもとより、海外のアートフェアに出展し、国内外のマーケットやコレクター事情にも通じる千葉由美子氏とともに、2020年以降の目指すアーティストとしての生き方と、その夢を叶えるための戦略の立て方について熱く語り合う。後半は、1968~87年に都内で現代美術画廊を運営し、日本の現代美術をマーケットの面から支えた実川暢宏氏にもご参加いただき、より長期的な視点から議論を深めていく。

時間:
10:00~15:00
場所:
静岡県立美術館 実技室
  • 受付中
  • 高校生
  • 一般
画像:

展示解説 学芸員によるフロアレクチャー

展覧会担当学芸員が展示室にて解説を行います。

時間:
14:00
  • 予約不要
  • 幼児
  • 小学生
  • 中学生
  • 高校生
  • 一般

2019/03/13
水曜日

2019/03/14
木曜日

2019/03/15
金曜日

2019/03/16
土曜日

2019/03/17
日曜日

2019/03/24
日曜日

2019/04/07
日曜日

2019/04/13
土曜日

2019/04/21
日曜日

2019/04/27
土曜日

2019/05/06
月曜日

もっと表示する