忘れられた江戸絵画史の本流

忘れられた江戸絵画史の本流 —江戸狩野派の250年

予告
2021年05月22日(土)〜2021年06月27日(日)

概要

近年、江戸絵画人気は高く、さまざまな画家が紹介されていますが、江戸絵画史の本流を形成した江戸狩野派の画家は、最も活躍した数人を除いて、ほとんど知られていません。江戸狩野派は巨大な組織で、将軍家や大名の注文を受け、画壇の中心で活躍した主要な画家だけでも100人を優に超えます。本展では、個人コレクターの所蔵する江戸狩野派作品を選りすぐり、彼らの知られざる魅力をご紹介します。展示では、江戸狩野派の基本的なスタイルを築いた中心的な画家の作品だけでなく、民間画壇に接触し、江戸狩野派の画風に多様性をもたらした画家の作品にも注目し、江戸狩野派の幅広い展開をご覧いただきます。

主な作品

画像:狩野常信「十二ヶ月和歌歌意画帖」(部分)
狩野常信「十二ヶ月和歌歌意画帖」(部分)日照軒コレクション
画像:狩野洞琳波信「流水に梅鳥図」
狩野洞琳波信「流水に梅鳥図」日照軒コレクション
画像:狩野祐清英信「寿老人図」
狩野祐清英信「寿老人図」日照軒コレクション
画像:狩野典信「山水図」
狩野典信「山水図」日照軒コレクション
画像:狩野寿石敦信「群仙図屏風」
狩野寿石敦信「群仙図屏風」日照軒コレクション
画像:狩野寛静良信「孔雀牡丹図」
狩野寛静良信「孔雀牡丹図」日照軒コレクション
画像:狩野洞白陳信「山水図屏風」
狩野洞白陳信「山水図屏風」日照軒コレクション
画像:狩野洞白陳信「山水図屏風」
狩野洞白陳信「山水図屏風」日照軒コレクション

展覧会基本情報

開催期間 2021年5月22日(土)~6月27日(日)
前期:5月22日(土)~6月6日(日)
後期:6月8日(火)~6月27日(日)
開館時間 10:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
休館日 毎週月曜日
観覧料
  • 前売券一般:1,000円/70歳以上:500円/大学生以下:無料
  • 当日券一般:1,200円/70歳以上:600円/大学生以下:無料
  • 団体券一般:1,000円/70歳以上:500円/大学生以下:無料
  • ※収蔵品展、ロダン館も併せてご覧いただけます。
  • ※団体のお申込/20名以上の団体のお申込は、美術館総務課へお問合わせください。(現在、土日祝の団体の受入は停止しています。)
  • ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は、企画展、収蔵品展とも無料でご覧いただけます。
  • ※本展の観覧券(半券可)を池上本門寺で開催される「本門寺の狩野派展」(4/3(土)〜6/27(日)土日祝のみ開館)でご提示いただくと、観覧料が100円引きになります。また、「本門寺の狩野派展」の観覧券(半券)を当館でご提示いただくと、団体料金になります。
チケット販売所 前売り券は5月21日(金)まで販売
[前売・当日券]チケットぴあ、セブンイレブン(Pコード共通:685-559)、ローソンチケット、ミニストップ(Lコード共通:42192 )、セブンチケット、CNプレイガイド(ファミリーマート)、静岡県立美術館
[前売券のみ]大和文庫、戸田書店(江尻台店)、谷島屋(パルシェ店・マークイズ静岡店)、大丸松坂屋友の会、静岡県庁本館1階売店、静岡市美術館ミュージアムショップ、グランシップ、JR草薙駅前一部店舗

イベント情報

ワークショップ わくわくアトリエ 紙工作 ミニ屏風づくり 矢印

展覧会「忘れられた江戸絵画史の本流 ―江戸狩野派の250年」に関連したワークショップです。 紙工作でオリジナルのミニ屏風をつくります。

日時:
2021年05月23日(日)
場所:
静岡県立美術館 実技室

その他  フロアレクチャー 矢印

当館学芸員が展示室にて解説を行います。

日時:
2021年05月29日(土)
場所:
集合場所:企画展第1展示室

講演会 特別講演会 矢印

講師:並木誠士 氏(京都工芸繊維大学特定教授・美術工芸資料館館長)

日時:
2021年05月30日(日)
場所:
当館講堂

美術講座 館長美術講座 矢印

講師:木下直之(当館館長)

日時:
2021年06月06日(日)
場所:
当館講堂

ワークショップ 実技講座 矢印

講師:鈴木強 氏(日本画家)

日時:
2021年06月12日(土)〜2021年06月13日(日)

その他  フロアレクチャー 矢印

当館学芸員が展示室にて解説を行います。

日時:
2021年06月26日(土)
場所:
集合場所:企画展第1展示室

ダウンロード

このページについてのお問い合わせ

総務課 TEL. 054-263-5755
学芸課 TEL. 054-263-5857

一覧へ戻る