古代アンデス文明展

古代アンデス文明展 ナスカ、ティワナク、そしてインカ帝国へ

開催中
2019年05月18日(土)〜2019年07月15日(月)

概要

南米大陸、現在のペルーとボリビアを中心とした地域で、16世紀まで展開した、多種多様な文化を総称して、古代アンデス文明と呼びます。巨大な地上絵を残したナスカ文化(紀元前200年頃~後650年頃)や、壮観なマチュピチュを築き上げたインカ帝国(15世紀前半〜1572年)が、とりわけ著名です。 本展では、ナスカ、モチェ、ティワナク、インカなど代表的な9つの文化から、約200点の貴重な資料を展示し、古代アンデス文明の全体像を明らかにします。人や動物を象ったユニ一クな土器、まばゆい黄金製品、色鮮やかな織物、そして独特な死生観を物語るミイラなどを通じ、各文化の精華と悠久の歴史をご堪能ください。

主な作品

画像:細かい細工がほどこされた金の装飾品(後期シカン文化)
細かい細工がほどこされた金の装飾品(後期シカン文化)ペルー文化省・国立ブリューニング考古学博物館蔵
画像:象嵌のマスク(前期モチェ文化)
象嵌のマスク(前期モチェ文化)ペルー文化省・国立博物館蔵
画像:4つの首が描かれた土製内弯鉢(ナスカ文化)
4つの首が描かれた土製内弯鉢(ナスカ文化)ペルー文化省・イカ地方博物館「アドルフォ・ベルムデス・ジェンキンス」蔵
画像:バリティ島で出土したカボチャ状の胴を持つ男性の象形土器(ティワナク文化)
バリティ島で出土したカボチャ状の胴を持つ男性の象形土器(ティワナク文化)国立考古学博物館蔵/ボリビア
画像:土製のリャマ(ワリ文化)
土製のリャマ(ワリ文化)ペルー文化省・国立考古学人類学歴史学博物館蔵

展覧会基本情報

開催期間 2019年5月18日(土)~7月15日(月・祝)
開館時間 10:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
夜間開館 7月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)
10:00~19:00(展示室への入室は18:30まで)
休館日 毎週月曜日(ただし、7月15日(月・祝)は開館)
観覧料
  • 前売券一般:1,200円/高校生・大学生・70歳以上:600円/中学生以下:無料
  • 当日券一般:1,400円/高校生・大学生・70歳以上:700円/中学生以下:無料
  • 団体券一般:1,200円/高校生・大学生・70歳以上:600円/中学生以下:無料
  • ※収蔵品展、ロダン館も併せてご覧いただけます。
  • ※団体のお申込/20名以上の団体のお申込は、美術館総務課へお問合わせください。学生の団体を引率の場合、引率の先生は無料になる場合があります。詳しくは美術館まで。
  • ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は、企画展、収蔵品展とも無料でご覧いただけます。専用駐車場のほか、車椅子も完備しております。美術館総務課までお問合わせください。
チケット販売所 前売り券は5月17日(金)まで販売
[前売・当日券]チケットぴあ、セブンイレブン(Pコード共通:769-617)、ローソンチケット、ミニストップ(Lコード共通:41433)、セブンチケット、CNプレイガイド(ファミリーマート)、静岡県立美術館
[前売券のみ]大和文庫、戸田書店(静岡本店・江尻台店)、谷島屋(パルシェ店・マークイズ静岡店)、吉見書店(竜南店)、大丸松坂屋友の会、静岡県庁本館1階売店、静岡市美術館ミュージアムショップ、グランシップ、JR草薙駅前一部店舗
無料託児サービス 日曜日・祝日のみ利用可
時間:午前10:30~15:30
対象年齢:乳・幼児(6ヶ月以上~小学校就学前)
※ベビーカーは、インフォメーションで無料貸出いたします。
主催 静岡県立美術館、静岡新聞社・静岡放送
特別協賛 清水銀行
後援 ペルー大使館、ボリビア大使館
協力 ペルー文化省、ボリビア文化観光省、NTTドコモ、クントゥル・ワシ調査団、国立民族学博物館、東京大学総合研究博物館
企画制作 国立科学博物館、TBSテレビ

イベント情報

講演会 清水銀行Presents 特別講演会「古代アンデス文明 その誕生から滅亡まで」 矢印

古代アンデス文明展監修者、篠田謙一氏による特別講演会です。

日時:
2019年05月18日(土)
場所:
当館講堂

イベント もふもふ♥アルパカが美術館にやってくる! 矢印

本物のアルパカがエントランス前に登場!柵の外から、自由にアルパカをご覧いただけます。また4回開催予定の「ふれあい撮影会」ではアルパカと並んで写真を撮ることができます。

日時:
2019年05月25日(土)
場所:
当館エントランス前

ワークショップ わくわくアトリエ「アルパカの毛で作るアルパカブローチ」 矢印

昔からアンデスでは、アルパカは人々の生活に関わっていました。アルパカの毛はふわふわであたたかく、衣類の材料として利用されてきました。今回のわくわくアトリエでは、アルパカの毛を使って羊毛フェルトの技法でブローチを作ります。

日時:
2019年05月25日(土)
場所:
静岡県立美術館 実技室

展示解説 学芸員によるフロアレクチャー 矢印

当館学芸員が展覧会の見どころをご紹介します。

日時:
2019年06月02日(日)

講演会 スライドトーク「アンデスに行ったんです。」 矢印

現在のペルーとボリビアの様子を当館学芸員がリポート。

日時:
2019年06月08日(土)
場所:
静岡県立美術館 講座室

美術講座 館長美術講座「ミュージアムでヒトを展示することについて」 矢印

当館館長による美術講座を行います。

日時:
2019年06月09日(日)
場所:
静岡県立美術館 講座室

ワークショップ 実技講座「コチニール×藍―絞り染めの麻ストール」(6/9) 矢印

「古代アンデス文明展」の中でもひと際色鮮やかな、アンデス文明を象徴するコチニールの「赤」と日本の色「藍」を用いて、麻のストールに絞り染めを施します。春・夏・秋とスリーシーズン着用でき、シックな装いにもカジュアルな装いにも取り入れられそうな大人可愛いストールを、この機会に手作りしてみませんか?(本講座は1日完結で、6/9、23に開催します)

日時:
2019年06月09日(日)
場所:
静岡県立美術館 実技室

イベント スペシャルコンサート 矢印

アンデス発祥の笛、サンポーニャとケーナの音色を、日本における第一人者・瀬木貴将氏による演奏でお楽しみください。

日時:
2019年06月16日(日)
場所:
当館講堂

展示解説 学芸員によるフロアレクチャー 矢印

当館学芸員が展覧会の見どころをご紹介します。

日時:
2019年06月19日(水)

展示解説 学芸員によるフロアレクチャー 矢印

当館学芸員が展覧会の見どころをご紹介します。

日時:
2019年06月22日(土)

ワークショップ 実技講座「コチニール×藍―絞り染めの麻ストール」(6/23) 矢印

「古代アンデス文明展」の中でもひと際色鮮やかな、アンデス文明を象徴するコチニールの「赤」と日本の色「藍」を用いて、麻のストールに絞り染めを施します。春・夏・秋とスリーシーズン着用でき、シックな装いにもカジュアルな装いにも取り入れられそうな大人可愛いストールを、この機会に手作りしてみませんか?(本講座は1日完結で、6/9、23に開催します)

日時:
2019年06月23日(日)
場所:
静岡県立美術館 実技室

ダウンロード

このページについてのお問い合わせ

総務課 TEL. 054-263-5755
学芸課 TEL. 054-263-5857

一覧へ戻る