ライブパフォーマンス『MM』

イベント ライブパフォーマンス『MM』

やなぎみわ展では、「モバイル・シアター・プロジェクト」と題し、やなぎと本巡回展の開催館、大学等とが連携し、マシン作品《神話機械》を製作しました。本作は、1台のメインマシンと、3台のサブマシンから構成されています。これらのマシンは自律的に演劇を行うものとして構想されており、やなぎは、それを「無人公演」と呼んでいます。 ライブパフォーマンス『MM』では、やなぎが構成・演出をし、俳優を加えて、マシン作品を展示する空間で「有人公演」を実施します。『MM』は、シェイクスピアの『ハムレット』や、ハイナー・ミュラーによる『ハムレットマシーン』等が織り込まれた作品です。マシンと人間が共演する舞台をぜひ御覧ください。 ※本プロジェクトは、JSPS科研費 JP17H00910に関連する作品です。

開催日 2019年12月21日(土) ~ 2019年12月22日(日)
時間 19:30~20:30
場所 静岡県立美術館 企画展示室
対象 小学生、中学生、高校生、一般
開催日時 12/21(土)、22(日) 各日19:30開演(18:45受付開始/19:20開場)
*19:00~プレトークあり
上演時間 1時間程度
定員 各回50名(応募者多数の場合は抽選)
参加費 無料
申込方法 要事前申込。ただし、本展の観覧券もしくは半券が必要。
参加にあたっての注意事項 未就学児のご入場はご遠慮ください。
申込方法 下記申込フォームからお申込ください。
※静岡県ふじのくに電子申請システムでの申込になります。
インターネット環境がない方は、往復はがきの往信面裏に①~④の必要事項を、返信面表に返信先をご記入の上お送りください。
[必要事項]①希望日②参加者氏名(2名まで)③電話番号④郵便番号・住所
[送付先]〒422-8002 静岡市駿河区谷田53-2 静岡県立美術館 やなぎみわ展MM係
申込締切 10月1日(火)~11月30日(土)必着
構成・演出:やなぎみわ
出演:高山のえみ
音楽:内橋和久
 
マシン製作:
福島県立福島工業高等学校
群馬工業高等専門学校 機械工学科 ロボット工学研究室
香川高等専門学校 機械電子工学科 逸見研究室
政岡恵太朗・宅和広樹
京都工芸繊維大学 ROBOCON挑戦プロジェクト(試作機製作)
協力:
京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター・ウルトラファクトリー
 
作品引用:
ウィリアム・シェイクスピア 『ハムレット』
ハイナー・ミュラー 『ハムレットマシーン』
(岩淵達治 谷川道子・訳|未來社)
『メディアマテリアル』
(岩淵達治 越部暹 谷川道子・訳|未來社)
提携:TMP 多和田葉子/ハイナー・ミュラー・プロジェクト
 
舞台監督:黒飛忠紀(幸せ工務店)
音響:高田文尋(ソルサウンドサービス)
メインマシン照明デザイン:藤本隆行(Kinsei R&D)
艤装造形:吾郷泰英
宣伝美術:木村三晴
制作:清水聡美
 

このページについてのお問い合わせ

静岡県立美術館
総務課 TEL. 054-263-5755
学芸課 TEL. 054-263-5857

一覧へ戻る