輞川図と蘭亭曲水図

《輞川図巻》修理後初公開 静岡県・浙江省友好提携40周年記念 輞川図と蘭亭曲水図

予告
2022年11月22日(火)〜2023年01月09日(月)

概要

 このたび、2018年に収蔵された「輞川もうせん図巻」の3年にわたる修理が終了したことを記念し、「輞川図巻」の全巻初公開を行います。 「輞川図」は、唐代の詩人・画家である王維が営んだ輞川荘を自らが描いたという故事に基づく主題で、中国や日本など、東アジアで幅広く人気を博し、盛んに描かれるようになりました。このたび初公開する「輞川図巻」は、北宋・郭忠恕かくじゅうじょが描いた「輞川図巻」を模刻した石刻本に基づいていますが、16世紀に蘇州で活躍した仇英の画風からの影響が認められ、その描写は緻密です。 本展では、「輞川図巻」とともに明代の蘇州で制作された新出作品などを出陳し、「輞川図巻」の魅力をご紹介します。
 また、静岡県・浙江省友好提携40周年を記念して、浙江省にある蘭亭に注目し、王羲之おうぎしが蘭亭に文士41人を集めて修禊みそぎを行った故事を描いた「蘭亭曲水図」を特集します。展示では、重要文化財・池大雅「蘭亭曲水図屏風」など、江戸時代の大作3点を並べることで、「蘭亭曲水図」のさまざまな表現をご紹介します。それに併せ、久隅守景、大雅ら「蘭亭曲水図」の作者の関連作品もご覧いただきます。

主な展示物

画像:《輞川図巻》(部分)
《輞川図巻》(部分)当館蔵
画像:池大雅<br>《蘭亭曲水図屏風》
池大雅
《蘭亭曲水図屏風》当館蔵
画像:久隅守景<br>《鍋冠図屏風》
久隅守景
《鍋冠図屏風》個人蔵

展覧会の見どころ

〇 このたび初公開する「輞川図巻」は、16世紀に蘇州で活躍した仇英の画風からの影響が認められ、鮮やかな色彩や緻密な描写が見どころです。 本作のような、石刻本に基づく、著色で描かれた肉筆の「輞川図巻」は、シアトル美術館本や長崎・聖福寺旧蔵本が知られていましたが、世界中で数多く見出されているわけではありません。本作は、これらの事例と並ぶ、貴重な作例と言えます。

《輞川図巻》(部分)当館蔵
クリックまたはタップで全体を表示します

〇「輞川図巻」が制作された時代の蘇州では、「輞川図巻」のような、古典名画を模した作品が大量に制作されており、それらは「蘇州片」と呼ばれています。本展では、当時の蘇州片の大作をはじめ、明代に制作された優品をご紹介します。※初公開作品あり

伝趙伯驌《仙山楼閣図》(部分)個人蔵

伝文徴明《瀟湘八景図巻》(部分)個人蔵

〇 当館の「蘭亭曲水図」の大作3点を並べる希少な機会です。ぜひ、展示室で、3つの大作の表現の違いをご堪能下さい。

狩野永納《蘭亭曲水図屏風》(右隻)当館蔵

久隅守景《蘭亭曲水図屏風》(右隻)当館蔵

〇 本展に併せ、「蘭亭曲水図屏風」の作者である狩野永納、久隅守景、池大雅の優品、関連作品を展示します。初公開作品や長らく展覧会でご覧いただくことのなかった作品を含みます。大雅作品では、中国の理想的な景観を描く作品から、日本の名勝を描く際、中国の画家による作品のイメージを重ねることで景観描写を理想化することを試みた作品へと展開する風景表現をご覧いただきます。中国の理想的な風景を連想し、日本の名勝を描くに至る大雅の試行錯誤にご注目ください。

狩野永納《三教図》当館蔵

池大雅《倣巨然 稲荷山図
(京都名勝六景のうち)》個人蔵

池大雅
《倣董太史 富岳図》
個人蔵

展覧会基本情報

開催期間 2022年11月22日(火)~2023年1月9日(月・祝)
開館時間 10:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌日休館。)
観覧料
  • 当日券一般:300円/70歳以上・大学生以下:無料
  • 団体券一般:200円/70歳以上・大学生以下:無料
  • ※団体のお申込/20名以上の団体のお申込は、美術館総務課へお問合わせください。
  • ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は、企画展、収蔵品展とも無料でご覧いただけます。

イベント情報

イベント 輞川図と蘭亭曲水図をめぐる諸問題 矢印

《輞川図巻》修理後初公開 静岡県・浙江省友好提携40周年記念「輞川図と蘭亭曲水図」【会期2022年11月22日(火)〜2023年1月9日(月・祝)】を記念し、第一線で活躍する研究者の方々をお招きしてシンポジウムを開催します。

日時:
2022年12月03日(土)
場所:
当館講堂

展示解説 学芸員によるフロアレクチャー(輞川図と蘭亭曲水図) 矢印

学芸員が展示室で展示について解説致します。(展覧会入場券が必要です)

日時:
2022年12月17日(土)
場所:
展示室

ダウンロード

このページについてのお問い合わせ

総務課 TEL. 054-263-5755
学芸課 TEL. 054-263-5857

一覧へ戻る