イベント 記念シンポジウム 輞川図と蘭亭曲水図をめぐる諸問題

《輞川図巻》修理後初公開 静岡県・浙江省友好提携40周年記念「輞川図と蘭亭曲水図」【会期2022年11月22日(火)〜2023年1月9日(月・祝)】を記念し、第一線で活躍する研究者の方々をお招きしてシンポジウムを開催します。

開催日 2022年12月03日(土)
時間 13:00~17:30
場所 当館講堂
対象 一般
申込方法 ※要事前申込、先着順
 
《輞川図巻》修理後初公開 静岡県・浙江省友好提携40周年記念「輞川図と蘭亭曲水図」【会期2022年11月22日(火)〜2023年1月9日(月・祝)】 に併せ、超豪華メンバーによるシンポジウムを開催します。
奮ってご参加ください。
 
タイムテーブル(予定)
13:00~13:15
野田麻美(当館学芸員)
「はじめに」

 

第一部「輞川図と明代蘇州の庭園(園林)画」

13:15~13:45
板倉聖哲氏(東京大学教授)
「模倣?複製?贋作?―「蘇州片」をめぐって」
13:45~14:15
呉孟晋氏(京都大学准教授)
「静岡県立美術館本からみる輞川図の展開」
14:15~14:45
植松瑞希氏(東京国立博物館研究員)
「明代蘇州の王維憧憬」
 

第二部「蘭亭曲水図と江戸時代の庭園画」

15:00~15:30
佐藤康宏氏(東京大学名誉教授)
「蘭亭曲水図の表現――明末から江戸中期へ」
15:30~16:00
野田麻美
「久隅守景「蘭亭曲水図屏風」試論―江戸狩野派の蘭亭曲水図にみる遊宴図像の展開」
16:00~16:30
横尾拓真氏(名古屋市博物館学芸員)
「大雅作品に見る烹茶場面の添景について―静岡県立美術館所蔵「蘭亭曲水・龍山勝会図屏風」を中心に―」

16:40~17:30
総合討議 

司会・ディスカッサント 塚本麿充 氏(東京大学教授)
 
申込方法

※ご参加には事前申込が必要です。インターネット申込フォーム又は往復はがきでお申込ください。

対象:東洋美術研究者(一般の方もご参加可能です)
定員:120名(予定)
要事前申込 ※先着順 定員になり次第締切ます。
  • インターネット又は往復はがきでお申し込みください。
  • 応募はお1人様1回に限り、2名様まで申し込めます。

【インターネットの場合】

2022年8月3日午前10時から受付を開始します。

 

【 往復はがきの場合 】

御住所、郵便番号、お名前、日中連絡のつく電話番号、お連れ様のお名前(2名で申込の場合)を記入し、以下の宛先へお送りください。
〒422-8002 静岡市駿河区谷田53-2 静岡県立美術館 12/3シンポ受付
記入例は以下のとおりです。

 
※新型コロナウイルス感染状況により、各種予定は変更または中止する場合があります。

一覧へ戻る