絶景を描く

絶景を描く ―江戸時代の風景表現―

開催中
2022年09月10日(土)〜2022年10月23日(日)

概要

日本列島の津々浦々に点在する素晴らしい景色は、古くから人々の目を楽しませ、描かれてきました。この展覧会では、当館および個人所蔵作品などから、各地の絶景を描いた江戸時代の絵画を中心に展示します。 本展では、いくつかのセクションに分けて、絶景の魅力を読み解きます。はじめに、古くから和歌に詠まれてきた名所を題材にした作例をご覧いただきます。続いて、関西の南画家たちによって試みられた各地の名勝を理想化する表現、関東の画家たちが中心となって追究した迫真的表現などに注目します。 展示の最後には、作品の題材となった風景が辿った歴史にも迫り、風景表現の展開を異なる観点からご紹介します。画家たちが追い求めた絶景を巡る旅をご堪能ください。

主な展示物

画像:原在正<br>《富士山図巻》第10巻より(部分)
原在正
《富士山図巻》第10巻より(部分)個人蔵
画像:原在正<br>《富士山図巻》第3巻より(部分)
原在正
《富士山図巻》第3巻より(部分)個人蔵
画像:狩野探幽<br>《富士山図》
狩野探幽
《富士山図》当館蔵
画像:原在正<br>《富士山図巻》第5巻より
原在正
《富士山図巻》第5巻より個人蔵
画像:歌川広重<br>《不二三十六景》より「駿河富士沼」※前期展示
歌川広重
《不二三十六景》より「駿河富士沼」※前期展示当館蔵
画像:椿椿山<br>《山海奇賞図巻》(部分)
椿椿山
《山海奇賞図巻》(部分)当館蔵

展覧会の見どころ


1 江戸時代の風景を描いた名品を一望できます

本展には、江戸時代に各地の絶景を描いた珠玉の作品が集結します。なかでも富士山を描いた図は、富士山のある静岡県に所在する当館が、開館以来収集してきた名品を厳選し、江戸狩野派から関西画壇の諸派まで、様々な画家たちによる作品を展示します。それぞれの作品の特徴を比較しながらご覧ください。


2 富士山をテーマにしたふたつの大作を比べてご覧いただきます

原在正《富士山図巻》(個人蔵)と歌川広重《不二三十六景》(当館蔵)という、様々な場所から眺めた富士山を描いた二つの大作を比較展示します。両作品を比較すると、富士山のビュースポットが様々な場所にあったことが体感できます。横幅を自由に設定できる画巻と、寸法が一定である中判錦絵というそれぞれの画面形状を活かした構図の工夫にもご注目ください。


3 絶景の舞台に迫ります

東海道沿いの富士見の名所をはじめ、宮島など日本三景にも選ばれるおなじみの景勝地、さらには遙か伊豆諸島まで、出陳作品の題材となった場所は全国各地に及びます。一部の作品については、描かれた風景に関する現地での調査結果も交え、画家が風景をどのように捉え、どのように描いたのかをご覧いただきます。

展覧会基本情報

開催期間 2022年9月10日(土)~10月23日(日)
開館時間 10:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌日休館。)
観覧料
  • 前売券一般:600円/70歳以上:300円/大学生以下:無料
  • 当日券一般:800円/70歳以上:400円/大学生以下:無料
  • 団体券一般:600円/70歳以上:300円/大学生以下:無料
  • ※収蔵品展、ロダン館も併せてご覧いただけます。
  • ※団体のお申込/20名以上の団体のお申込は、美術館総務課へお問合わせください。
  • ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は無料。
主催 静岡県立美術館

※予約制ではありません。

イベント情報

展示解説 学芸員によるフロアレクチャー(絶景を描く) 矢印

展示室で担当学芸員が解説を行います。

日時:
2022年09月18日(日)

ワークショップ 道から生まれる風景 矢印

「絶景を描くー江戸時代の風景表現-」展に出品される作品の中には、作者が想像を加えて、風景と風景をつなぎ合わせている表現部分がみられます。このワークショップでは、まず展覧会にて江戸時代の風景表現を鑑賞します。その後、実技室にて、横長の絵巻物の中に私だけの空想の世界を描きます。私だけの空想の「道」、その「道」から生まれる風景を、カラー筆ペン(水彩毛筆)を使って表現します。ワークショップの最後にはお互いの作品を鑑賞します。もしも海の中を歩いていたら、空中を散歩していたら…どのような風景が生まれ、どのような心の風景と出会えるでしょうか。

日時:
2022年09月18日(日)
場所:
静岡県立美術館 実技室

展示解説 学芸員スライドトーク「絶景誕生の舞台裏」 矢印

当館学芸員が、一推し作品の隠された魅力を紹介します。

日時:
2022年09月25日(日)

展示解説 学芸員によるフロアレクチャー(絶景を描く) 矢印

展示室で担当学芸員が解説を行います。

日時:
2022年10月01日(土)
場所:
本館第一展示室

美術講座 真を写す人ー絵画と写真の話 矢印

講師:木下直之(当館館長)

日時:
2022年10月10日(月)
場所:
当館講堂

ワークショップ 日本画講座 巻物に描く富士の絶景 矢印

「絶景を描く」展では、日本各地の絶景を描いた江戸時代の風景画を中心に、作品を展示します。その中でも、今回最も多く登場するのが、富士山をテーマとした絵画です。各地にビュースポットが存在する富士山は、場所も構図も様々に描かれ、古くより人々の目を楽しませてきました。今回の講座では展覧会を鑑賞後、静岡県立美術館周辺の風景のスケッチに出掛け、最後に伝統的な日本画材を使って、巻物にパノラマの風景画を描きます。散策して見つけたお気に入りの風景や、あなたの思い出の景色を、富士山と共に横長の画面に描いてみましょう。あなただけの富士の絶景図が出来上がります。

日時:
2022年10月15日(土)〜2022年10月16日(日)
場所:
静岡県立美術館 実技室

ダウンロード

このページについてのお問い合わせ

総務課 TEL. 054-263-5755
学芸課 TEL. 054-263-5857

一覧へ戻る